ABOUT

【潔く美しく、纏う】 最も小さく 身近なプロダクトとして、デザインの対象をジュエリーへ。 インスピレーションの源は自然界や幾何学の生み出す必然的なデザイン。 描く線の行き先には意味を求め、構築的、機能的な美しさを追求する。 一つの立体物として研ぎ澄まされたジュエリーでありつつも、 身に着けた人間の曲線と絡み合うことで、より完成へと近づいていく。